第1条(附則の目的)
  本附則は、若竹会会員の個人情報(以下「会員データ」と称する)の保護に関し、必要な事項を定めることにより、会員データの保護と、信頼される同窓会の実現を図ることを目的とする。
第2条(会員データの定義と項目)
 

会員データとは、若竹会事務局が管理している、会則に定める会員の情報をいう。
また、管理する個人情報の項目は下記のとおりとする。
・氏名/卒業年(回卒)/現住所/現住所の連絡電話番号/勤務先名/勤務先の連絡電話番号)

第3条(個人情報の利用目的)
  若竹会は下記の目的に個人情報を利用するものとする。
・若竹会からの各種通信文書の発送(会誌、クラス会、同期会、支部会等を含む)
・会員名簿の作成
・その他、会則に定める事業の遂行に必要と判断される諸事業
第4条(会員データ管理責任者の設置)
  若竹会は会員データを厳格適正に維持管理し、会員の個人情報の安全保護を図るため若竹会事務局内に「会員データ管理責任者」を置く。
第5条(管理者の責務)
  若竹会事務局は、同窓会の目的に即した事業の遂行にあたり知り得た会員データをみだりにに第三者に漏らしたり、第3条の利用目的以外に使用してはならない。
また、管理責任者は、会員データを常に最新・正確なものに保つよう努めるものとする。
第6条(会員の責務)
  若竹会会員は、相互に個人情報の重要性を認識し、会員データは会員個人の利用目的の範囲を超えてはならず、また、第三者へ会員名簿及び会員データを提供してはならない。
第7条(会員データの利用申請)
  若竹会会員が会員相互の親睦を深め、または同窓会活動を活性化するために同期会、クラス会、支部会、OB会等を開催するにあたり、若竹会事務局を通して会員データを改めて取得しようとする時には、「会員データ管理責任者」に対して、所定の利用申請書により申し込まなければならない。
第8条(会員データの提供拒否)
  会員データ管理責任者は、会員データの利用申込にみ対し、不正な利用が疑われ、または適正な利用が妨げられると判断した場合は、利用申請者に対し会員データの提供を拒否することができる。
第9条(会員データの利用状況報告)
  会員データ管理責任者は、随時、若竹会役員会に会員データの提供・利用状況を報告しなければならない。
第10条(自己情報の開示及び訂正、消去の請求)
  若竹会会員は、自己の会員データについて、いつでも開示の請求ができる。会員データ管理責任者は、請求者が本人であることを確認の上、開示請求に対応するものとする。また、自己の会員データに誤りがある場合は、若竹会事務局に訂正または消去の請求ができるものとする。
第11条(附則の変更)
  若竹会会員の個人情報保護のために、上記以外の定めが必要な場合、または変更の必要がある場合は、若竹会役員会にて協議し、若竹会理事会にて決定する。
制定・施行
  平成18年5月13日制定 この附則は平成18年7月1日から施行する。