朝日新聞社記者/ジャーナリスト学校主任研究員、中村通子さんの講演会(都立富士高校「父母と先生の会」主催、若竹会後援)が、11月29日、都立富士高校、附属中学校1階の多目的ホールで開かれた。テーマは「医療と報道—命の現場で考えたこと」。災害時医療、生殖医療、再生医療、終末期医療など命をめぐる様々な医療現場でおよそ20年、取材活動をしてきた中村さんが、会場に訪れた約100人の父母や同窓生らを前に、「正解のない」医療と命の問題に正面から取り組んできた経験や思いを語った。




 中村さんは1982年(高校34回)の卒業生。高校時代はオーケストラ部に所属し、チェロの練習に明け暮れる毎日だったという。「2、3週間前に片付けていたらこんなものが見つかったと、親から送られてきた」という通知簿をスライドに映しながら、「驚いたのは、3年間、無遅刻無欠席だったこと」と語る。それだけ、高校生活が楽しかったということで「いい高校に通えて良かった」。
 大学は「1年ゆっくりした後」83年に東大理科2類に合格したが、ほかの大学は不合格だったという。「受験は実力とはまったく関係のないところで結果が決まるものだということを学んだ」と中村さん。
 大学ではメンタルヘルスの専門家になろうと精神衛生を学び大学院まで行くが、「研究者はしんどそう」と方向転換。朝日新聞社を受け、採用された。




 朝日新聞社に入り、記者の仕事は忙しかったが、あくせくしない性格。「楽しく過ごした」。そんな「なんの苦労もなく過ごしていた私を直撃したのが1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災だった」という。西宮市に買ったばかりのマンションが被災。街が崩れ果てた光景を見て、現場の様子を本社に伝えることすらでき、「本来記者としてしなければいけない仕事は、何もできなかった」という中村さんの目に映ったのが、おなかがすいている人におにぎりを配っている人の姿だった。被災者に寄り添う、素早い行動。「それこそが記者に求められることではないか」。
 そう感じた中村さんは、その後、大阪本社科学医療部の部員になって、災害時の医療の取材を始める。台湾やトルコなど海外で起きた地震の被災現場にも足を運び、災害時の医療をテーマにした。
 災害に関わる記事を書く原動力となったのが「阪神淡路大震災のときに人間として何もできなかった私は、記者として書き続けていくしかない」という思いだった。



 災害時の医療とは何か。数千人、一万人を超えるような、たくさんの人が一度に死ぬような災害時に、どんな医療ができるのかを考える医療だという。
 災害時は病院が機能を喪失してしまう。医者も自分の家が崩れ、家族が困っているのに出勤はできない。医者や看護師が怪我をしていることもある。需要が強烈に高まるときに供給が急激に落ちる。「これが災害時の医療と平時の医療の最も違うところ」と中村さんは解説する。「平時で助かる人が助からない。本当は助かる命を諦めざるをえない」。
 阪神淡路大震災は、災害医療の契機となった。平時ならば防ぐことのできる死。災害時でもそんな死をゼロにできないかということで、取り組まれた試みが災害派遣医療チーム(DMAT)、 災害拠点病院、ドクターヘリ、現場医療などだった。
 そして、東日本大震災が起きた。
 阪神淡路大震災のときの反省や経験が生かされ、現場での外傷死は減った。
 ところが、「いったん助かった、逃げのびた人が、その後に死んでしまうケースが後を絶たなかった」。
 避難生活の疲労で、約3分の1の人が避難所の床の上で冷たくなってしまうのだった。
 冷たい床の体育館での食事は、ロールケーキ3本とおにぎり10個。これで3日間を過ごす。
 おばあさんの布団からかびのはえたケーキとおにぎりが出てくる。
 毎食ロールケーキと言われても、喉を通らない。でも、捨てたり、文句を言ったら明日なにももらえないと思ったおばあさんは、ケーキをふとんに隠した。
 そういう生活をしていくと、疲労はたまり、死に至る。
 災害時の医療によって、外傷死は減ったが、「次のステップとして、このような人をいかに救っていくかがテーマになった」と中村さん。
 病気が起きた時に治療するだけでなく、起きる前に予防をすることが肝心だ。災害も同じで、災害予防医学が重要になった。
 東日本大震災では、被災者が多かった小学校と、まったく被災のなかった小学校に分かれた。決め手は、災害のときは「とにかく逃げる」。先生の指示を待たず、親のことも心配せず、逃げることを励行した小学校では被災した児童がいなかった。
 教育の力で命を救った例だ。医療の枠を超えて、教育により死亡者を減らした。
 


 医療報道には「3つの特性がある」と中村さんは解説する。
 まず、医療の世界の難解な言葉を普通の人にかみくだいて伝える。「通訳」としての役割。
 もう一つが、感染症などについて、子供でもわかるように伝え、「防災広報」的役割を果たすこと。
 医療は、生命のありように迫る技術だ。再生医療、不妊治療、心臓移植などが典型的な例だが、それを医者にだけ任せていていいのかという問題がある。一般社会の感性で医療を見て、医療技術の暴走を防ぐ−−。最後に、そんな「批評としての医療報道」が重要だという。
 
 この3番目の課題と中村さんは正面から向き合ってきたという。
 世界で初めて、1978年に体外受精で生まれたルイーズ・ブラウンさんの写真がスライドで紹介される。
 体外受精が始まったときは「生命の誕生に人が手を加えていいのか」が大きな議論になったが、いまは、通常の医療として定着した。日本では年間出産の2%が体外受精児だ。
 だが、さらなる倫理問題も生まれている。代理出産、クローン人間などの問題だ。iPS細胞から卵子を作ることが許されるのか。
 「記者はある医療技術が確立されたという事実に接したとき『それってどうよ』という感覚を大事にしながら、その記事を一面アタマにするか社会面すみっこに置くかを考えなければいけない」と中村さん。「一般社会の感性でどう考えればいいのかが大事」なのだ。
 その感性も10年後、20年後には変わっているかもしれない。
 


 臓器移植もどう考えるかが難しい問題だ。臓器移植は腎臓、肺、肝臓で行われている。
 生体肺移植が親子の間で行われている。しかし、「これを美談として伝えるだけでいいのか?」と中村さんは問題提起する。
 「お母さんだから提供して当たり前という圧力が生じる懸念」があるのだ。
 愛があれば何をしてもいいのか。
 「健康な人にメスを入れることが普遍化していいのかは、一例一例のケースを冷静に考えなければいけない」。
 安楽死問題。
 「安楽死をめぐる事件は数多いが、『この人の判断は正しい』『間違っている』と言い切れるだろうか」と中村さんは問題提起する。
 様々な指針があるが、そこに「解答」はないという。
 書かれているのはたいてい、「話し合いのガイドライン」だという。話し合わないと答えがでないから、話し合いの仕方を決める。どこにも解答はない。

 千葉県の31歳の女性のケース。ダウン症の子供が点滴のための管に囲まれていた。生後40日で危篤状態になり、点滴の管を抜いてもらい、最初で最後の抱っこをした。しかし、「管を抜いてしまったのは間違いだったか」と後悔する。

 どうすればよかったのか。

 中村さんは「自分で考えて決断したからこそ、後悔する」という。
 医者に言われて、誰かに言われてやったことに対しては、後悔ではなく怒りを感じるはずだ。
 「後悔は、ほかの人がそのような事態に陥った時、寄り添うことができる心の深さを養える」。

 「どこで自分の答え見つけるかが大事」なのだ。



 「災害サイクル」という概念がある。災害が起こり、それに対応し、復旧し、災害を減らす対策をし、準備をする。そしてまた、災害が起こる。でも、これは同じところをぐるぐる回っているわけではない。「この回転はらせん状になっている。反省と後悔を繰り返しながら、同じところに戻るのではなく、上に向かっている」と中村さんは言う。
 「解答」は教科書にはない。
 中村さんは自分の人生を振り返って役に立っているのと思うのは「自分で見て聞いて感じて判断したこと」「いろいろな現場で行動したこと」だという。
 「ハレーションを起こすこともあったが、反省はしても決して後ろ向きにならない。考えて答えを出せば、前に進める」と思う。
 「富士高校は高校生の自主性を重んじて先生が文化祭などを任せてくれた。自分で考えて動いてみることを教えてくれた。父母の方は勇気がいりますが、お子さんにいろいろな体験をさせてあげてください」。それで教科書の中にあることがより深く読み取れるようになると、中村さんはアドバイスする。
 
 中村さんは、「生命と倫理の問題は誰もが避けて通れない問題で、そこには正解はない。でも、自分なりの答えは出せる。医療報道がその一助になるように、日々、記事を書いていますので、ぜひ、新聞を読んでください」と結んだ。

◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇


(上野勝敏校長)


(若竹会の大宮杜喜子副会長)


(「父母と先生の会」会長の砂金達さん)

 中村さんの講演に先立って上野勝敏校長、若竹会の大宮杜喜子副会長が挨拶。講演会後には主催者の「父母と先生の会」会長の砂金達さんから謝辞があった。
 中村さんの心に残る講演会は、都立富士高校、「父母と先生の会」、若竹会の三者の協力関係をさらに深めてくれた。(高校27回卒・相川浩之)

<講師略歴>
中村通子(なかむら・みちこ)
朝日新聞記者。1982年都立富士高校卒。87年東京大学医学部卒。89年東京大学大学院医学系研究科保健学修士課程修了。保健学修士。同年、朝日新聞社に入社。97年から主に大阪本社科学医療部で医療・健康の分野を担当。2007~13年は編集委員(医療担当)を務めた。14年9月からは岡山を拠点に中四国ブロックの医療を中心に取材している。日本中毒学会、日本臨床救急学会、日本感染症学会などに所属。09年から日本集団災害医学会評議員。
 中高一貫校になった新しい「富士」を知りたい、というOB/OGの声にこたえ、若竹会は13日、富士祭のイベントや展示を見学する「富士祭ツアー」を開催した。落合惠子副会長が参加者11人を先導、管弦学部のアンサンブルコンサート、茶道部のお茶会を楽しんだ後、剣道場での「リズム薙刀」、体育館での男子バスケ部の招待試合、美術部の展示、1年生の八ヶ岳自然探究教室の発表を見学した。ツアー開始前には、上野勝敏校長から中高一貫校になった富士高校の現状を伺い、ツアー終了後も上野校長と懇談した。


(在校生と先生の富士祭プログラムには、須知正度・若竹会会長のメッセージカードを挟み込み、今回のツアーについて事前告知した。若竹会について説明するパンフも作成、受付や休憩室として利用した「教材室」で配布した)


(斬新なパンフレット)


(須知・若竹会会長のメッセージカード)


 ツアーは上野校長をはじめ、先生方や在校生の全面的な協力を得て実現した。
 参加者は富士高校12回卒6人、27回卒2人、8回卒、18回卒、23回卒各1人の計11人。27回卒の落合副会長が先導し、同・相川がカメラマンを務めた。
 朝9時半に校長室に集合。上野校長から、中高一貫校になった富士高校の現状を伺った。


(わかりやすくいまの「富士」について説明される上野校長)

 上野校長は、富士高校が中高一貫校になったことの基本的な部分から説明された。
 「都立高校には中高一貫校が10校ありますが、2つのパターンに分かれています。5校が中等教育学校といって中学校でしか生徒を募集しません。中学で原則として4クラス160名を毎年中学で募集し、6年間教育します。三鷹、小石川は中等教育学校です」「残りの5校は中高一貫教育校と言われていまして、中学校と高校は形の上では分かれています。原則として中学校で3クラス120名を募集して、高校では2クラス60名を追加募集します。この形をとっているのが富士高校です。本校は都立富士高等学校及び、都立富士高等学校附属中学校という二つの学校という形にはなっていますが、原則として中学校に入った生徒はそのまま高校に進学します。先生も中学と高校を兼務しています」「なぜ、富士高校が中高一貫校になったかといえば、6年間かけて伝統ある学校で教育することがプラスになるという考え方であると聞いています。本校は英語教育と自主的な探究という二つの柱で人材を育成していこうとしています」「教員は朝早くから夜まで、がんばって、子供たちを育てています」。
 
 印象的だったのは、上野校長が「富士の生徒は愛校心が強い」と指摘したこと。「子供たちは富士が大好きだと言うんです。卒業の時はどの高校でも泣いたりするのですが、中学一、二年、あるいは高校から入ったばかりの生徒が『大好き』というのはほかの高校ではあまりないと感じました。これが伝統なのでしょうか」「同窓会のお力を借りて、こうした良き伝統は守っていきたいです」。

 校長先生のお話を伺った後、多目的室で、管弦楽部のアンサンブルコンサートを聴いた。


(アンサンブルコンサートが開かれた多目的室ではツアーの卒業生のために席を確保していただいた)


(メンバーが次々替わって曲を演奏)


(それぞれのユニット名がユニーク)


(一生懸命さが伝わってきた)

 続いて、茶室で、茶道部の高校生たちのお点前を楽しんだ。


(まず菓子を配る)


(懐紙に富士の校章。「捨てられない」と参加者)






(見事なお点前)








(温かいおもてなしにすっかり満足した様子のツアー参加者たち)

 お茶を楽しんだ後は、体育館、剣道場へ移動。


(以前の富士高校とは体育館や校舎の配置が全く違うので、参加者は、その違いを楽しんでいた)


(薙刀部のリズム薙刀を2階から見学)




(体育館ではバスケットボール部の試合を観戦)



(「高校生は元気」とその動きに圧倒されるツアー参加者たち)



 校舎に戻り、展示を見学。


(校舎と体育館との間の通路は珍しく、左右の光景に目が行く)






(美術部)


(上野校長からはエレベーターがあると案内されていたが、70歳を超える大先輩たちは階段で移動)




(1年生の「八ヶ岳自然探究教室)






(可愛らしい中学生の一生懸命のパフォーマンスに拍手)

 見学を終えて、校長室に戻って懇談。


(ツアー前は表情の硬かったツアー参加者も打ち解けた雰囲気に)







 ツアー参加者の皆様、上野校長、ありがとうございました。m(__)m

                    (高校27回卒・相川浩之)
 同窓会組織「若竹会」の各期の代表(理事)が集まり、若竹会の予算や今後の活動などについて議論、決定する若竹会理事会が6月28日、富士高校附属中学校の教室で開かれた。

 役員、理事ら30人が参加。新役員の承認、会務報告、予算、決算の承認の後、学校創立100周年の記念イベントなどについて活発な意見交換を行った。

 冒頭、須知正度会長が挨拶。「同期だけでなく各期間の“世代間交流”を進めていく。そのために各期の理事の力を借りると同時に、ホームページ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などのIT(情報技術)ネットワークも活用していきたい」と語った。
 続いて、若竹会の新役員候補を紹介。全員が理事会の承認を得た。
 役員の顔ぶれは以下の通り。

名誉会長  上 野 勝 敏 (現統括校長)
会   長  須 知 正 度 (高18回)
副 会 長  小 森 杜喜子 (高18回)
副 会 長  落 合 惠 子 (高27回)—会計監査から
会   計  前 田 和 子 (高18回)
会   計  鈴 木 真 理 (高27回)―新任
会計監査  秋 元 公 彦 (高24回)
会計監査  榊 原 和加子 (高27回)―新任



 その後、保護者会に出席していた上野勝敏校長も参加。「6月12日の中学2年生の進路学習講演会で26期の安倍宏行さんが貴重な話をしてくれた。中学生とは40年くらいの開きがあるが、(先輩から後輩への)バトンリレーは長い方がいいと感じた。今後も、若竹会には、いろいろな形で支援をお願いしたい」と挨拶した。

 平成25年度会務報告では、ホームページを企業の管理から自主管理に移管したことを須知会長が説明した。「移管も大変だったが、運営を一新し、卒業生の交流に役立つような新しい情報を盛り込んでいる」と、中身の充実を強調。
 在校生の部活動への支援として薙刀部への支援を行ったことも明らかにした。
 附属中学、高校に対する支援については、様々な形で行いたいとし、「高校3年間という期間が人生に締める割合4%〜5%未満に過ぎないが、非常に重要なことを気づくきっかけを与えてくれる。在校生のみなさんにそんな気づきを与えられるような協力をしたい」と述べた。

 その後、決算、予算の承認を得た。

 関連して、理事の1人から「卒業生の人数が大幅に減っており、卒業時に集める会費だけではいずれ同窓会の運営資金が枯渇するのでは」という質問があった。
 これに対し須知会長は「かつては資金集めのイベントなどもしたが、いまはそこまでは考えていない。講演会イベントなどでは、参加者に応分の負担をしていただくなどして、支出を抑えている」と答えた。
 ただ、他の理事から「小額でも寄付を受け付けるような受け皿があれば、若竹会に寄付がしやすくなる」との意見があった。

 予算が承認された後、「将来をにらんだ意見交換」ということで自由な質疑応答、意見交換が行われた。



 今後の若竹会に望むこととして年配の理事らから、「中高一貫校になってからのイメージが湧かない。学校の情報がほしい」という意見があった。
 現在の富士高、附属中学校については会報若竹や、若竹会ホームページで校長インタビューも行い、情報提供しているが、「母校がいまどんな学校になっているのか」という関心がとても強いことがわかった。

 この意見に対して、会報若竹、若竹会ホームページの編集担当から、「ホームページを見られない年配の卒業生もいらっしゃるので、学校の最新情報は会報若竹で提供するほか、要望があれば、ほかの手段も考える。どんなことが知りたいかメールなどでいただければ対応する」との回答があった。

 若手の理事からは「成人式のタイミングで同期会をするなど、同期生との交流は活発だが、若竹会は敷居が高い。若い世代が積極的に参加しにくい感覚のずれがあるような気がする」といった厳しい指摘があった。
 もっとも若手の世代も、先輩たちとの交流は関心がないわけではなく、「大先輩が多く出席する理事会のような場ではなかなか思いきって発言しづらい」という本音も語った。
 こうした敷居の高さを解消する最初のきっかけとして、「SNSなども活用して世代間の交流を少しずつ活発にすべき」「在校生のうちから、若竹会を知るような機会を多く作ることも必要」などの意見があった。

 学校創立100周年のイベントに関しては「世代間交流が活発になるような集まりならば意味があるが、各期の交流も少なく飲み食い中心の会ならば不要」「学校に記念として残るようなものを寄付する」「記念イベントの実行部隊の若返りを図る」「検討委員会を作ってもいいが、委員会のなかだけで議論するのではなく、若手世代、シニア世代など、様々な世代にヒアリングをして、各期が納得するイベントを行うべき」「“同窓会おたく”ではなく、幅広い卒業生に関心を持ってもらえるようなイベントを検討する」「全世代でのイベントを諦め、近い世代単位のイベントを検討する」などの意見が出た。

 100周年記念のイベントについては、今回の理事会での意見交換を皮切りに、近く検討委員会を発足させ、具体的な検討に入る予定だ。              (高校27回卒・相川浩之)
東京都立富士高等学校・附属中学校 入学式

 中学 男子56名 女子64名 計120名
 高校 男子95名 女子101名 計196名

316名の新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。 
東京都立富士高等学校附属中学校
 第2回卒業式

卒業生 男子55名 女子62名  計117名 

  ご卒業おめでとうございます。