高校33回卒の、卒業後初めての同期会が、6月27日(土)18時から21時まで、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルで開かれました。422人中238人が集まり、先生方も5人出席されました。 


 昨年12月の会場探しから始まり、クラスごとの幹事を増やしながら、最終的に20人以上の大幹事団を結成して準備を進めてきました。
 同期生の連絡先を確認するのには、かなりの時間がかかりましたが、幹事団が総力を結集した結果、当日は当初の想定を超え、会場のキャパを上回る参加がありました。
 しかし、会費を事前振込制にしたことと受付を開始1時間前からはじめたことにより、つつがなくスタートすることができました。



 司会は、和田(旧姓:西田)麻理さん。同期会の発起人であり幹事長である石渡研くんの乾杯の発声に続き、現在も声楽を続けている、末(旧姓:田村)淳子さんによるヴェルディの「乾杯の歌」で、格調高く、富士高らしい乾杯で幕が開きました。伴奏は、今も演奏を続けているオーケストラ部の部員によるフルート&弦楽で行いました。
 先生方でご出席されたのは、大橋京子先生(保健・体育)、坂下泰一先生(英語)、染谷知子先生(音楽)、田代久人先生(数学)、新島岩夫先生(地理)の5人。とてもお元気でした。
 名札には1年、2年、3年時のクラスを記し、卒業アルバムの写真を丸く切り抜いて、幹事団が糊で貼りました(超アナログ、しかも写真は相当恥ずかしい!)。
 しかしこの名札が、歓談時に学年のクラスごとに集まる際に大いに役立ちました。
 歓談中の出し物として、創立90年記念の際にDVDとして作成された、60周年記念映画「青春の軌跡」から、私たちが2年・3年のときの動画を上映し、大好評。
 初めて見た人も多かったようで、カットが変わるたびに、会場内から歓声が上がりました。
 そのほか、オケ部メンバーによるフルート四重奏あり、軽音学部によるバンド演奏ありと、会場内はまるで富士高祭のようでした。



 そして最後は、お約束の校歌。
 中高一貫となっても「高校」を特定する歌詞がなかったため、今も母校の校歌として歌われているそうです。卒業生としては嬉しい限りです。



 なんと染谷先生が指揮をしてくださり、ピアノと弦楽器、そして管楽器も加わった伴奏に合わせて、200人以上の大合唱で締めくくりました。
 二次会の参加者も、幹事の予想を上回り120人超が参加!
 立食3時間の後に、50歳を超えるみんなが座れるはずの会場でも、椅子が足らない事態に・・・。
 じゃんけん大会あり、カラオケありと、こちらも大盛況のうちに閉会しました。
 第2回の開催時期は未定ですが、7年後、還暦を迎える2022年には、第3回として盛大な会を開催する予定です。
(石渡研、増田佳彦、福田和美、毎熊典子)
 都立富士高校卒業から40年の節目を迎えた今年の4月18日(土)、第27回卒業生の同期会が開催されました。会場は六本木の泉ガーデン、東京の街を一望できる高層階のガラス張りの部屋に総勢130人が集まりました。
 受付では、「A G D」など自分の3年間のクラスが記載された名札と、式次第、3年間のクラス別名簿や校歌が書かれたパンフレットが渡されました。会場にはA~Iまで円卓が用意されており、まずは全員1年のクラスの席に着きました。



 幹事の入江一友さんの司会により会が始まります。倉島俊夫先生、石川勝教先生(高校7回卒)、谷畑充先生(同9回卒)の3人の恩師をお迎えし、当時の懐かしいお話、先生方の近況などを伺った後、再会を祝し皆で乾杯。会場の一角にはとりどりの料理が並べられ、好きな食べ物、飲み物をテーブルに運び、それをいただきながら懐かしい面々との話が弾みます。

 着席で行われた今回の同期会は、広く再会の喜びを分かち合うだけでなく、「クラスメイト」をテーマに趣向を凝らした進行が用意されていました。入学当時の1年のクラスで約1時間、次の1時間は2年時のクラス、最後はともに卒業を迎えた3年のクラスの席へ、合図のもと一斉に会場内を移動します。この粋な企画に、同じクラスで過ごした間柄ならではの話題に花を咲かせることができました。来年~再来年には還暦を迎える私達、当然、見かけは変わっているのに、話せば見える昔の面影に「変わってないね~」の言葉が聞こえてきます。
 出会った頃は多感な十代、こうして集うと彼方に忘れていた出来事が次々と鮮明に浮かびます。当時そんなことを考えていたのかとびっくりするような打ち明け話も披露され、その後の仕事のこと、家庭のこと、これからの夢、健康談義と尽きることなく、あっという間に時間は過ぎていきました。

 次に、若竹会の活動、100周年記念行事の準備について同期の落合惠子若竹会副会長より報告を受け、これからも皆で協力し同窓会活動を進めていくことを再確認。続いて、松木理梯さんのバイオリン演奏、林伸樹さん指揮のもと久しぶりの校歌を歌い上げ、にぎやかに全員で記念撮影をして、楽しかった3時間の会はお開きになりました。



 次回の同期会での再会の約束をして会場を後にしてからも、二次会へと向かういくつかのグループの姿が……まだまだ名残りはつきないのでした。
(高校27回卒理事 上田みどり、塚本早奈枝)
 それぞれの期の同期会の模様をリポートしていただく「同期会リポート」、始めました。
 原則として各期のまとめ役である「理事」の方経由でホームページ編集担当に原稿をくだされば、誤字脱字、問題表現などがないかだけチェックしたうえで、掲載させていだだきます。
 写真は全体写真を数枚、送ってください。
 詳しくは、ホームページ編集担当の相川まで(若竹会ホームページの「事務局への連絡フォーム」から、まずメールを送ってください)。
 リポートは開催日にさかのぼってアップしますので、同期会後、しばらくたってから原稿をいただいても、開催日順に掲載されます。
 投稿をお待ちしています!